布施弘幸 行政書士事務所

生活保護 申請支援 [ →入力→確認→送信完了 ]

24時間受付

役所の担当者に対して生活保護が必要であることを説明し、担当者に納得してもらうことが必要なため、精神的な負担が大きいのも事実です。

申請における問題点

生活保護の制度は複雑であるため、(生活保護に精通している)役所の担当者と面接する場合、申請者は受け身になりがちです。
そして、申請手続に至っていない場合、生活保護の条件に該当していないのか、または別の理由なのかを判断するのも難しいと思います。

役所の担当者が生活保護の申請を認める基準と、生活保護法で定められている保護の基準は同じではありません。
そのため、本来申請出来る状況の方も、申請に至らない場合があります。

当方では、役所(福祉事務所)での申請に行政書士が同席し、手続が適正に行われるよう支援致します。

当面の生活費がない場合には、社会福祉協議会による緊急小口資金の申込も支援致します。


ご依頼

まずご状況を確認し、申請に適した状況か検討致します。
検討結果をご確認して頂いた上で、正式のご依頼を頂いております。

依頼内容は暗号化されて送信されるため、他に漏れることはありません。
また返信メールにはお客様のご氏名、プライバシーにかかわるような情報は記載致しません。
※行政書士には秘密を守る義務があります(行政書士法第12条)。


生活保護 申請支援の手順
 ご相談
 見積り
 ご依頼
 事前準備・申請日時の相談
 申請のため福祉事務所に訪問
 料金の振り込み
 領収書の郵送

特別な事情(資産がまだある等)のない限り、一回の同行で申請致します。

料金 15,000円〜 + 交通費(電車)
※現在のご状況を考慮致します。
支払時期 お客様のご状況を考慮して決定致します。
支払方法 支払方法」をご覧ください。
キャンセル キャンセルは可能ですので、ご相談下さい。


 個人情報保護のため、SSL通信(暗号化)サイトに移動します。