慰謝料


婚姻期間中に、相手方に与えた損害に対する賠償です。

不貞(不倫)

裁判になった例として以下のものがあります。

・夫が20年間不倫関係を続けていた事案で、夫に対して300万円の慰謝料を命じた。

・夫が不倫をしていた事案で、妻にも落ち度を認め、夫に対して150万円の慰謝料を命じた。

・夫が不倫をしていた事案で、不倫相手に対して50万円の慰謝料を命じた。

・妻が不倫をしていた事案で、妻側に対して500万円の慰謝料を命じた。

不倫をしていた側に経済力がある場合、さらに高額なケースもあります。
他に考慮されるポイントとしは、不倫の悪質性、結婚期間の長さなどがあります。

暴力

裁判になった例として以下のものがあります。

・夫が包丁で切り付けた事案で、夫に対して500万円の慰謝料を命じた。

・夫が嫌がらせの電話等をしていた事案で、夫に対して500万円の慰謝料を命じた。

・夫からの暴力があった事案で、夫に対して300万円の慰謝料を命じた。