親権


離婚後に、どちらが子供と一緒に暮らすかを、決める必要があります。

幼少期

母親に対して親権が認められる傾向にあります。
母親と一緒に暮らすことが適さないと考えられる特別の事情(育児放棄など)があるときは、母親の親権が認められないことがあります。


子供の意思

子供が意思表示をできるような年齢であれば、子供の意思が尊重されます。
ただし、子供も難しい状況におかれているため、なかなか判断ができないことも多いと思います。


経済的事情

子供の養育費用を負担できるかどうかは、それほど重視されていないようです。
親権者側に経済力が無い場合は、相手側による養育費の協力などで補うかたちとなります。