財産分与


結婚中によって築き上げた財産は、夫婦の共有財産です。
離婚によって別々の生活になってしまうため、共有財産を分配する必要があります。

財産分与の対象となる財産

婚姻中に夫婦が協力して得た財産は、財産分与の対象となります。
例えば、銀行の預金、土地・建物、車、家財道具などが含まれます。
また権利だけでなく義務も対象となるため、銀行からの借り入れ(借金)も対象となります。


財産分与の対象とならない財産

結婚する前に取得していた財産は、対象となりません。
また結婚中でも、相続や贈与によって得た財産も対象となりません。


財産の分配

夫婦で5分5分に分けるのが、一般的です。
協議離婚では、夫婦が自由に決められるため、分配の割合を変えることが可能です。