相続分の決定



決定方法の優先順位

相続財産の取得者は、以下の方法により定められます。

1.「遺言」による指定

2.「遺言」がない場合、「遺産分割協議」による決定

3.「遺言」、「遺産分割協議」がない場合、
法定相続分(法律により定められた割合)による取得


法定相続分

法律により定められた相続分は、下記の通りです。
配偶者は、常に相続人となります。

相続人法定相続分(配偶者がいるとき)法定相続分(配偶者がいないとき)
子供配偶者:2分の1、子供:2分の1子供:全部
両親配偶者:3分の2、両親:3分の1両親:全部
兄弟姉妹配偶者:4分の3、兄弟姉妹:4分の1兄弟姉妹:全部

相続分の具体例を以下に示します。

相続人相続分
妻、子供1人妻:2分の1、子供:2分の1
妻、子供2人妻:2分の1、子供:4分の1ずつ
(相続人が複数いる場合は、人数分で分ける)
妻、兄弟姉妹2人妻:4分の3、子供:8分の1ずつ
(相続人が複数いる場合は、人数分で分ける)
兄弟姉妹2人兄弟姉妹:2分の1ずつ
(相続人が複数いる場合は、人数分で分ける)