相続財産


原則として、被相続人(亡くなった方)が有していた権利・義務は相続財産となりますが、
相続の対象とならないものもあります。


相続される財産

被相続人(亡くなった方)が有していた財産は、基本的に相続の対象となります。

資産/債務相続税
現金資産課税対象
預金資産課税対象
有価証券資産課税対象
債権資産課税対象
損害賠償請求権資産課税対象
土地資産課税対象
建物資産課税対象
借地権資産課税対象
特許権資産課税対象
著作権資産課税対象
自動車資産課税対象
美術品資産課税対象
電話加入権資産課税対象
死亡退職金
(死亡後3年以内に
支給が確定したもの)
資産課税対象(一定の額)
借金債務控除対象
損害賠償債務債務控除対象
税金債務控除対象
医療費債務控除対象


相続されない財産

被相続人(亡くなった方)のためだけに認められていた権利は、相続の対象となりません。

相続税
死亡保険金課税対象(一定の額)
遺族年金対象外
身元保証債務対象外
祭祀財産対象外
一身専属権対象外
遺産管理の費用対象外
葬儀費用控除対象
法要費用対象外
香典対象外
香典返し対象外
遺産から生じる賃料
(遺産分割前)
対象外(所得税の対象)


契約内容によるもの

契約内容相続税
ゴルフ会員権相続される旨の規定がある場合課税対象
生命保険契約に関する権利相続される旨の規定がある場合課税対象