法定相続人


相続人になる者(法定相続人)、その者が受ける相続の割合(法定相続分)は、
法律で定められています。

相続人になる者には順位があり、下記の順番で相続人になります。
第1位:子、第2位:両親等(両親が亡くなっているときは祖父母)、第3位:兄弟姉妹

順位の一番高い者が相続人となります。
例えば、被相続人に子供がいる場合は、被相続人の両親は相続人にはなれません。

なお配偶者(妻・夫)は常に、順位の一番高い者と共に相続人となります。


子が相続人の場合

亡くなった人(亡A)に子供がいる場合、配偶者(妻)と子供が相続人になります。

子が相続人の場合


妻:2分の1、子:2分の1の割合で相続財産を取得します。
子供が複数人いる場合は、2分の1を人数分で分割します。


両親が相続人の場合

亡くなった人(亡A)に子供がいない場合、配偶者(妻)と両親が相続人になります。

両親が相続人の場合


妻:3分の2、両親:3分の1の割合で相続財産を取得します。
両親が複数人いる場合は、3分の1を人数分で分割します。


兄弟姉妹が相続人の場合

亡くなった人(亡A)に子供がおらず、かつ両親等の祖先が既に亡くなっている場合、
配偶者(妻)と兄弟姉妹が相続人になります。

両親が相続人の場合


妻:4分の3、兄弟姉妹:4分の1の割合で相続財産を取得します。
兄弟姉妹が複数人いる場合は、4分の1を人数分で分割します。