遺産分割


法定の相続分で相続すると、相続財産は相続人で共同所有することになります。
したがって、被相続人が有していた土地、建物、自動車等も共同所有となります。

しかし一部の相続人が相続財産となっている住宅に住んでいる場合は、
その相続人が住宅を相続した方が何かと都合がよいとか思います。

このように、相続人の状況等を考慮して相続財産を分配する手続が遺産分割です。

遺産分割が必要な場合

・遺言がない場合で、法定相続分と異なる割合で遺産を相続するとき
・遺言と異なる割合で遺産を相続するとき
・遺言に記載のない財産を分割する場合

時期

法律上の期限は存在しません。
ただし相続税を納めなくてはならない場合、相続の開始を知った日から10ヶ月以内に申告しないと、特例(相続税が安くなる)を受けられなくなるため注意が必要です。

方法

遺産分割協議をするには、相続人全員が参加しなければなりません。
一部の相続人を除外した遺産分割協議は、無効となってしまいます。

遺産分割協議をする前に、相続財産の調査をしておく必要があります。
また成立した遺産分割協議は、相続人全員の合意があれば、解除することができますが、一部の相続人だけでは、解除できません。

遺産分割協議書

遺産分割協議の結果をまとめたものが、遺産分割協議書です。
銀行口座、自動車、土地・建物などの名義変更の際に利用されるもので、
名義変更の手続きに利用できる形式で作成する必要があります。