相続人調査


相続手続を進めるためには相続人を特定する必要があります。
遺言が無い場合、法律で決まった割合で相続人は相続財産を取得することができます。

相続人の人数や、亡くなった人との関係(配偶者、子、兄弟など)によって、
相続財産の割合が変わってきます。
そのため、相続手続をする前に、相続人を調べておくことになります。

相続人である者を除外して行った遺産分割などは、無効となってしまいます。

調査方法

相続人を調べるためには、戸籍を利用します。
亡くなった人の戸籍謄本を取得し、結婚の有無、子供の有無を調査します。

戸籍は、婚姻などにより分かれて作成されていくため、
亡くなった人が生まれてから、亡くなるまでのすべての戸籍謄本を取得する必要があります。
また相続人となる者が亡くなっていないことを確認するため、
相続人の戸籍謄本を取得する必要があります。

子が相続人の場合

亡くなった人(亡A)に子供がいる場合、配偶者(妻)と子供が相続人になります。

子が相続人の場合


1.亡Aの戸籍を取得します。
 亡Aの戸籍は、妻との結婚により新たに作成されています。
 この戸籍には、妻、子の情報が含まれています。
 離婚歴が無い場合、結婚の前は、亡Aの両親の戸籍に入っています。

2.亡Aの両親の戸籍を取得します。
 亡Aが生まれたときに、両親の戸籍に追加されています。
 亡Aが生まれたときから亡くなった時までの戸籍が必要なため、
 両親の戸籍が必要になります。

3.必要に応じて子の戸籍を取得します。
 子が結婚している場合、亡Aの戸籍から新しい戸籍に移されます。
 相続人となる者が亡くなっていないことを確認するため、
 相続人の現在の戸籍謄本を取得する必要があります。

両親が相続人の場合

亡くなった人(亡A)に子供がいない場合、配偶者(妻)と両親が相続人になります。

両親が相続人の場合

1.亡Aの戸籍を取得します。
 亡Aの戸籍は、妻との結婚により新たに作成されています。
 この戸籍には、妻の情報が含まれています。
 離婚歴が無い場合、結婚の前は、亡Aの両親の戸籍に入っています。

2.亡Aの両親の戸籍を取得します。
 亡Aが生まれたときに、両親の戸籍に追加されています。
 亡Aが生まれたときから亡くなった時までの戸籍が必要なため、
 両親の戸籍が必要になります。