特定商取引法に基づく表示

高額医療費


1ヶ月入院するだけでも、入院費が数十万円になってしまうことがあります。
医療保険などに加入していない場合、
貯蓄や生活費の中から医療費を工面しなければなりません。

このような場合は、高額医療費の制度を利用することで、
一定の限度額まで医療費の負担を減らすことができます。


限度額適用の基準

平均月収によって、負担すべき限度額が異なってきます。

平均月収医療費の限度額(1ヶ月間)
81万円以上252,600円+(医療費−842,000円)×1%
51万5千円以上
81万円未満
167,400円+(医療費−558,000円)×1%
27万円以上
51万5千円未満
80,100円+(医療費−267,000円)×1%
27万円未満57,600円
住民税非課税の者35,400円

なお入院中の食事代に適用がないため、医療費とは別に支払う必要があります。

申請手続

ご自身の加入している健康保険の窓口での申請、または郵送での申請が可能です。
窓口での申請の場合、保険証と印鑑が必要です。


申請時期

入院前または入院中に申請した場合、医療機関の窓口で支払う医療費に適用され、
上記の限度額で済みます。
この場合、限度額適用認定証が交付されるので、医療機関の窓口で提示します。

退院後に申請した場合、まず限度額の適用の無い医療費を支払う必要があります。
後日、健康保険の窓口等で手続をすることにより、
限度額を超える部分の返還を受けることが出来ます。